結婚式用に買ったお気に入りのドレスだが

私は、以前、友人の結婚式の参列の為に、ワインレッドの素敵なパーティードレスを買いました。
しかし、その後、もう一度、友人の結婚式に参列し、着用した後は、友人は殆ど結婚せずに、二回着ただけで、しまいっぱなしになっています。
日本では、あまり、ホームパーティなどの習慣もないので、せっかくのお気に入りのドレスも、出番があまりないのです。
デザインも、パーティードレス用なので、見合いパーティー程度では、着ていけません。
このまま、タンスの肥やしになっては、とても勿体無いのです。
残るは、姉の結婚式、と機会を待っていました。
しかし、姉も、結局、ずるずると行き遅れてしまいました。
この歳になっては、今例え、結婚しようが、私は、黒い着物が必須です。
なんだかな、日本ってつまらない社会だな、と、時々思います。
海外ドラマや映画が好きで、よく見るせいか、どうしても、比べてしまうのです。
その中では、舞台が病院であろうと、警察であろうと、CIAだろうが、FBIだろうが、どんな職場でも、又、田舎の主婦であろうが、学生であろうとも、何かにつけ、パーティーが、たびたび行われるのです。
せめて、ホームパーティでいいから、誰か開いてくれないかな、と思うものの、日本では、家庭ができると、そちらが中心になってしまって、大人同士で遊ぶ、というのは、無いのです。
今度、海外旅行へ行く時は、そのドレスを持って行って、バーでも行こうかな、と思ってしまいます。
お高いホテルのラウンジだったら、ドレスも着られるかもしれない、そう思って、出番を待っています。