サラダとフルーツで5キロ減!

小さい頃からあまり運動しなくてもどちらかというと細身体系でした。そして食べても食べても太るという事がなかったので、ダイエットとは無縁の生活をしていたのですが、高校を卒業し、アメリカに3ヶ月語学留学に行った後悲劇は起こりました。
なんとたったの3ヶ月のうちに5キロも体重増加していたのです。久しぶりに会った弟の第一声が「お姉ちゃん、太ったね」でした。今まで大体なにを食べても太らなかった、むしろ次の日には全て消化できていたはずなのに、アメリカでの生活でプラス5キロ。人生で初めてダイエットをしようと決意した瞬間でした。

振り返ってみるとホストファミリーに出された食事はなんでも食べていました。その食事内容がほとんど肉だったり、脂っこいものだったり、更に夕飯なのに炭酸ジュースが付いてきたり、これは太りにくくても太るだろうという食生活を送っていました。

まあ日本に帰って来たし、普通の日本の食生活に戻ったら痩せるだろうと甘くみていたのですが、やはり太るよりも痩せる方が難しいですね。初めてこんなに痩せる事が大変なんだと気づかされました。

私が始めた方法はサラダ生活です。といってもサラダだけ食べるわけではなく、サラダを毎食最初に食べるようにしました。意外と生の野菜はお腹にたまるので、他のものをあまり食べなくなりました。

また間食したい時は極力フルーツを食べるようにしました。また野菜スティックも好きなので、お菓子ではなく、果物か野菜でお腹を満たすようにしました。
その結果、4ヶ月ちょっとで増えた分5キロを見事消し去ることができました。
なかなかダイエットは根気がいるものだと感じました。